「薬屋のひとりごと」壬氏の正体は?年齢詐称の噂の真実とは! | アニメ・漫画の気になるあれコレ

「薬屋のひとりごと」壬氏の正体は?年齢詐称の噂の真実とは!

薬屋のひとりごと壬氏正体

この記事では、「薬屋のひとりごと」に登場する壬氏の正体や年齢ついて解説しています。

なのでもちろんネタバレもあり!

壬氏の正体と複雑な出生の秘密やキャラクターの魅力に迫ります。

この記事を読めば

・壬氏の正体・年齢
・壬氏の出生の秘密

について分かるようになっています。

スポンサーリンク

壬氏の正体

壬氏の正体についての結論は、壬氏は現皇帝と阿多妃の息子であるということです。

物語内での複雑な背景によると、壬氏は皇太后と同じ時期に子供を身籠った阿多妃によって、皇太后の子と入れ替えられました。

これにより、壬氏は現皇帝の弟として育てられることになりますが、実際には現皇帝と阿多妃の息子、つまり東宮、即ち皇位継承者であったのです​​​​。

この事実はごく少数の人物しか知らないとされています​​​​。

壬氏本人は知らない事実です。

壬氏の背景や物語の展開は、「薬屋のひとりごと」という作品の中で詳細に語られており、彼の正体が明らかになるにつれて物語はより深く、複雑に進んでいきます。

非常にわかりずらい事柄だと思いますので、下図をご覧ください。

壬氏はこの家系図だと思っていますが、実際はこれと異なり、以下の家系図が本来の形です。

壬氏は、現帝と阿多妃との子なのです。

壬氏の年齢について

壬氏は年齢を詐称しています。

この事実は物語の早い段階で明らかになっています。

壬氏は24歳として生活していますが、実年齢は18歳です。

さらに、壬氏は本当の宦官ではないことも判明しています。

本物の宦官ではないということはどういうことかというと、

宦官とは・・去勢をした男性の事

なので、壬氏は本当は去勢をしていない男性ということになります。

ただし、『不能にする薬』を飲んでいるらしく、宦官をしていられるみたいです。

その飲み薬がどんな物なのかは不明です。

壬氏の出生の秘密

壬氏は現皇帝の弟として育てられましたが、実際は現皇帝と阿多妃の息子です。

つまり、現皇帝を兄だと思っている壬氏にとっては、現皇帝は壬氏の父親ということになります。

難産だった阿多妃は、位の高い皇太后の出産を優先され、その結果子宮を失ってしまいました。

この出来事により、阿多妃は自分の子と皇太后の子をすり替え、壬氏が皇太后の元で育てられました。

壬氏本人や多くの人々は、彼が現皇帝の弟であると思っていますが、実は現皇帝の息子で、皇位継承者だったのです。

この事実を知るのはごくわずかな人物に限られています​​​​。

壬氏の後宮での役割

壬氏は皇帝から特別な任務を受けており、後宮において忠誠心を持つ人間を探る役割を担っています。

彼の任務は、反逆心を持つ人間を見つけ出すことや、皇帝に相応しい妃候補を探すことなどが含まれています。

これは国家の繁栄と安定のために内部から宮中を調査し、必要な情報を提供するという重要な役目です​​​​。

壬氏と猫猫の関係

壬氏と猫猫の関係は、初めは壬氏が猫猫を便利な手駒として使っていましたが、徐々に彼女に惹かれていく様子が描かれています。

猫猫は壬氏を最初は疑っており、彼の美貌に惑わされることはありませんでした。

しかし、壬氏は猫猫に対して自分に対しても媚びない彼女が気になっているようで、徐々に彼女に対する感情に気づき始めています​​。

以上の詳細については、「薬屋のひとりごと」の物語をより深く楽しむための重要な要素と言えるでしょう。

壬氏の美しさと彼の複雑な背景、そして彼と猫猫との関係の発展は、物語の魅力的なポイントです。

読者はこれらの要素を通じて、物語に更に深く引き込まれることでしょう。

個人的には、壬氏の複雑な出生の秘密と彼の任務が物語に深みを加えていると感じます。

また、彼と猫猫の間の関係の変化も非常に興味深い部分ですね。

まとめ

壬氏の正体について理解できたでしょうか?

まとめると、

壬氏の正体は、現帝と阿多妃の子であったということです。

その理由は、生まれた時に皇弟と壬氏が入れ替えらえたことです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました